世界中の人が敵となっても

輝かしい実績があって素晴らしい活躍をして
説得力のある発言をして感銘を受ける姿勢を示して

私が木村さんを好きなのは、そんなことが理由じゃあない

彼が木村剛さんだから好きなのだ。

それだけだ。


たとえ、全世界の人が彼を非難し、批判し、責めたり叩いたりしたとしても
私には関係がないし、慕い続ける気持ちさえ一切ゆらぐ気配もなく
だからと言って彼を盲信して崇め奉っているわけでもない。

私は自分の感性については、他人の判断や意見を全く無視できる傲慢な人間だから
誰がどう考え、どう思ったとしも、私の心がひたすら木村さんに向いている状態を
変えることなど不可能なのだ。

木村さんを信じている
裏切られても自己責任取れるくらいに信じている

私の木村剛さんを想う気持ちに勝てる奴がいるわけがない
世界中捜したっているわけがない


木村さんが存在しなかったら、生まれなかった筈のものが世の中にある。
そういう運命の中で生きる多くの人のさいわいを祈って・・・
[PR]
by on-nao | 2004-12-08 23:53 | きむらさん
<< あたりさわりなく 別れなくてもどうでもいい人 >>