<   2004年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『ループ』は好きかも

昨日は幸せだった。
あの人の笑顔が見られたから


今日は嬉しかった。
大切な友人からワインのプレゼントが届いたから


明日もきっといいことがある。
そう信じているから


嘘みたいだけど、幸福なお金持ちがよく言うこと
「信じていると実現する」「口に出すと夢が叶う」

いろいろな人に感謝して、多くの人の幸せを願って
私なりに闘う生き方はやっぱりまげない

 それが私のニンドウ?


知らないけれど、きっと一生懸命生きているそこの貴方のさいわいを祈って・・・
[PR]
by on-nao | 2004-12-23 16:36 | おとおし

人物のつくり方

ここにAさんという人がいるとする。

Aさんは頭がよくて、仕事もデキる。
元気な声で話し、何でもわかりやすく説明してくれる。
そんなにお洒落ではないけれど、いつも清潔感のある身なりをしている。
困っていると何気なく手を貸してくれて、もちろん恩に着せたりはしない。
誰にでも優しく、礼儀正しい態度で接し、約束は守る。

Aさんはなかなかに「いい人」である。
お付き合いしていて楽しい人物である。

ところがAさん自身は上記のような人柄であると、ご自分で意識して行動しているわけではない。
それどころかAさんを知っている人々全員が、Aさんをこういう人と認識しているわけでもない。つまりこの「Aさん」のひととなりは、絶対的なものではなく、まして相対的なものでもなく、狭く閉じられた一個人のココロ世界での印象に過ぎないということだ。

・・・・・・Aさんは独立して生きている、でもAさんの人物像を描いているのは私。
私だけが先述の形容詞などで表現できる「Aさん」をつくりだしている。
他の人々にとってのAさんは、それぞれさまざまな人物として表されるのだろうが、
とにかく私から見たAさんは確信を持って「いい人」と高評価し、
それゆえ私のココロに住まわせている。

当然、この意味と価値は私に対してしか存在しない。
だから、私のつくったこんな「Aさん」像には、誰も振り回される必要なんかない。
そう、『それぞれさまざま』なのだ。

どんなに賢く偉い人であっても、私の人物評価に影響を与えることは出来ないと思う。
自分の目で見、耳で聞き、心で感じた事を基準に判断する事を大切にしているから。
私は自分と自分の判断を信じている。

だから揺るがない



ヒトが人をどう見ているか、どう評価したかで、ぐるんぐるんココロを動かせる才能を
お持ちの気の毒な方々のさいわいを祈って・・・
[PR]
by on-nao | 2004-12-21 03:24 | おとおし

うつろいゆくひとのこころは

「なんかあったの?キレイになったよ」
ある女性に言われてぎくりとした。

経営者でもあるその女性は、私をしょっちゅうランチに連れ出す。
忙しいんですがなんていう密かな抵抗は一切効かない。

多分、立場上誰にも話せないことを胸の内にしまって置くのに耐えられず、
適当に聞き流してこだま響かせる「山頂の穴」程度に私のことを思っているのだろう。
あきんどとしては有利な情報を楽に入手できるし、
相当額のひるめしにありつける訳だから、どう扱われても構う事ではないが
『こちら』側に対する追及も容赦しないので要注意だ。

「近頃毎晩飲みすぎて、肌の調子が悪かったから昨日パックしたんです。」
あまりお利巧な返答ではなかったので、彼女は鋭く何か感じたらしい。
飲み過ぎたのも肌の調子が今一だったのもパックしたのも事実であったが、
「キレイ」に見えたのはそんな事が理由ではない。

少し髪を伸ばしてみた。
彼女以外の人にも「イメージが変わったね」とよく言われる最近は、
「寒いからね」とやはりお利巧ではない返事をしてしまう。


自分でも鏡の中の自分の顔が変わったように思う。
変化前と変化後の間に起きた事件についての自覚もある。

でもそれがなんだというのだろう。

もたらされたのは、有りがちなほめ言葉と厄介な好奇心
ヒトに関心がない分、自分に関心を持たれるのもうんざりする。


要するに ひ ・ み ・ つ ということだよ、社長。



 想像していたよりも多くの人々が他力本願と野次馬根性を武器に襲ってきたか
 と思ったら、予想を上回るスピードで奴等が去って逝った情けない状況を
 傍観していたので、むくむくと湧き起こった『やっぱり人類殲滅でしょ計画』を修正
 するのにすっかり手間取ってしまった。

他人の人生に首突っ込むヒマがあったら、自分の手をミューズで洗え、と暴言を吐きまくるあの人のさいわいを祈って・・・
[PR]
by on-nao | 2004-12-18 17:53 | をんな

あたりさわりなく

生身の人間は強い

想像や思い込みや過去の思い出
いろいろ有ったのに、一見で吹き飛んでしまった。

勝手に泣いたり傷ついたり狂ったりもしたね
うんざりさせたり面倒かけたりもしたね
またそうするかもしれないけれど、
今度は壊れないと思う。

私が何処に立っていればいいのかが判ったから


この頭の中でだけ生きていたモノが、
肉体と声を手に入れてまた現われたのは
神様のせいでしょ?

だからこのまま大切にしていいんでしょ?


倫敦の冬は凍えるほど寒いけど、あなたの手はおひさまみたいに暖かい
静かに永く続く関係を許してくれるすべての友人達のさいわいを祈って・・・
[PR]
by on-nao | 2004-12-13 01:10 | をとこ

世界中の人が敵となっても

輝かしい実績があって素晴らしい活躍をして
説得力のある発言をして感銘を受ける姿勢を示して

私が木村さんを好きなのは、そんなことが理由じゃあない

彼が木村剛さんだから好きなのだ。

それだけだ。


たとえ、全世界の人が彼を非難し、批判し、責めたり叩いたりしたとしても
私には関係がないし、慕い続ける気持ちさえ一切ゆらぐ気配もなく
だからと言って彼を盲信して崇め奉っているわけでもない。

私は自分の感性については、他人の判断や意見を全く無視できる傲慢な人間だから
誰がどう考え、どう思ったとしも、私の心がひたすら木村さんに向いている状態を
変えることなど不可能なのだ。

木村さんを信じている
裏切られても自己責任取れるくらいに信じている

私の木村剛さんを想う気持ちに勝てる奴がいるわけがない
世界中捜したっているわけがない


木村さんが存在しなかったら、生まれなかった筈のものが世の中にある。
そういう運命の中で生きる多くの人のさいわいを祈って・・・
[PR]
by on-nao | 2004-12-08 23:53 | きむらさん

別れなくてもどうでもいい人

「ただの好き」と「すごく好き」の違い
前者:いつも会いたい見ていたい
後者:会いたくない見たくない

好意がある一定のレベルまで上昇すると、
コントロール可能な範囲にとどめる為
自分の気持ちを抑制している、という人に会った。

そうしないと『人間として壊れてしまう』らしい

納得できる部分もある
自分を見失うとか恋に溺れて身の破滅とかストーカー行為とか
確かに理性的とは言えない状態は、傍から見て悲惨だ。

みっともないことはしたくない
でも「すごく好き」という思いを停めることなんて私にはできない

なぜなら、折角湧き出てきた好意という宝物を、
しっかりと心に繋いでおかなくては
私が人間として壊れてしまう。


私は自分勝手な人間であり、基本的には他人の人生なんぞに興味が無い
憐れみやおせっかいが迷惑なので、他人に対してもほとんどお世話をしない
必要なら手助けも厭わないが、自分の許容範囲は結構狭かったりする
面倒見もよくない
多分「冷たい」部類の人間だろう

この私が一生懸命になって時間と労力と心のエネルギーとを使うのは
自分自身のためと好きな人のため、だけだ。
性格上、広く浅くは使えないので、必然的に一部の人に集中して放出される
『時・力・気』おまけは『お金』が、深く深く濃いものになる。
相手からすると「勘弁して欲しい」レベルの好意を寄せられ、面倒なこともあるのだろうが
その気持ちこそが、私をまともな人間たらしめてくれている。

ひたすら好きな人を作りつづけないと、
子供の頃の作文で願った「人類滅亡」を今でも夢見ていた事だろう。



まあそんなわけで、好き好き好き好き愛してるを連発していますが、
お見逃し下さい。
ほんとうに「すごく好き」な気持ちは止められないのです。

終わらせたい恋は確かにありますが、運命や神様やタイミングに邪魔されて
どうやらまだまだ続いていくもようです。



私の愛するすばらしき全人類のさいわいを祈って・・・
[PR]
by on-nao | 2004-12-05 05:13 | をとこ

黒か白か

組織の代表は意思決定の瞬間、少なくとも何かは捨てる。
人生を管理している自分は選択を迫られた時、一方を捨てる。
捨てる事は痛みを伴うが、いつまでも捨てたゴミくずにこだわっていては、
せっかく選んで前進している意味が無い。

「どうするか」は「どうしたいか」とイコールでなければならない
「どうするか」には成功した時の報酬と失敗した時の責任がある
「どうするか」を明言しない人間は卑怯もので偽善者だ

曖昧であり複雑でありそれぞれである事は百も承知

でも自分がどう生きたかは自分で選んだ結果だし
自分がこれからどう生きるかは自分の自由だ

実際には、この世のすべての幸福を独り占めしているヒトもいなければ、
すべての不幸を背負わされているヒトもいない

そういう意味では、黒でも白でも同じだ

「むずかしい問題」という言葉でかっこつける知的な灰色野郎を
私は信用しない。
信用できない人間に期待するのは、邪魔をするなということだけだが、
それもアテにはできないので、私の人生からは削除する。


幸せと不幸せとをバランスよく持ち合わせた多くの人々のさいわいを祈って・・・
[PR]
by on-nao | 2004-12-04 17:39 | おとおし