正直な初夢

ここはホテルじゃない

公営のプラザビルやら何とか会館の中にある大会議室
長机とパイプ椅子が整然と並んでいて、200人程は収容できそうだ。
どうもホテルではないと思わせるのは、天井と壁
白やグレーで統一されたセンスの無さと、ぼんやりとした蛍光灯が
目に(脳に)映る。

富士山でも鷹でも茄子でもないなんて!


いつの間にか集まった大勢の人たちの中で
どうしていいのかわからずにいると、一枚の紙が渡された。
そこには一週間のスケジュールみたいなものが書かれていて、
「起床」「昼食」とか「就寝」など、
今ではすっかり誰にも指示されなくなった筈の日常生活について
細かく時間が区切られ、まるで修学旅行用しおりの一ページのようだった。

でもまわりはスーツ着たおじちゃんばかり。
『中間管理職の宿泊研修かなぁ』と考えていたら
彼がいた。
「なかなか良いプログラムだよ。私はこっちに参加するけど、どうする?」

もう地獄でも特訓でもいいや
彼と旅行だ旅行!うれしいうれしいうれしいうれしいうれしい



憶えているのはここまで。
なんだかなぁという感じ
もっと艶っぽい夢で新年を迎えたかった
もっともそれでは、ここに書けませんが。


新しい年に前を向いて進んでいくすべての人のさいわいを祈って・・・
[PR]
# by on-nao | 2005-01-02 23:38 | おとおし